CHARACTER
キャラクター

君達のような捜査の素人は、
その辺をわきまえて
ボクとジラさんに従うように。

ROUNDER PILOT
ジャスパー・ヒルキット・本郷
CV:
河本 啓佑

1460年5月4日生まれ (26) 男
ゴディヴァ社の民間警察「G.S.O.」の「火星セクション 捜査部」所属の刑事。火星セクションに新設されるランダー担当部署の研修に参加することとなった。
普段は真面目でクールな面持ちの"デキる"男、だが……。
個人的な趣味としてランダー免許を持っており、その適正を見込まれての今回の参加となったが、実は隠れ「特撮ランダーヒーローマニア」という一面がある。
これまで仕事上ではその一面が漏れ出すことはなかったのだが、ランダーを扱う新部署ではちょくちょく"スイッチ"が入ってしまう結果に。
特に特撮ニンジャ物「電忍サイガ」シリーズが最近のお気に入りで、当然新シリーズ「真・電忍サイガ」もチェック済み。搭乗するランダー「サイガ」は「電忍サイガ」とのタイアップで作られた物で、本郷の私物である。

今どきのランダーとやらは進んどるのう……ついていけんわい。

REGULAR PARTNER
アレッサンドロ・ジラルディーノ
CV:
佐藤 正治

1437年11月23日生まれ (49) 男
ゴディヴァ社の民間警察「G.S.O.」の「火星セクション 捜査部」に所属しているベテラン刑事で、本郷の大先輩にあたる。
若い頃は高い検挙率を誇る優秀な刑事だったが、強引な手段をいとわない捜査を重ねた結果、出世コースから大きく外れてしまう。
年を重ね性格も丸くなり、現在では強引な捜査は行っておらず、その円熟味を帯びた捜査手法は若手の手本として一目を置かれている。
櫻子とは旧知の仲で、「秘密兵器強奪事件」では、櫻子の依頼を受け裏で捜査を行っていた。
今回の新部署計画では、櫻子の推薦により研修教官として招かれているが、講習は何故かお茶会になることもしばしば(捜査は現場で学べ ! とアレク談)。

ROUNDER
SAIGA
サイガ

子どもたちに大人気の特撮ヒーロー番組「電忍サイガ」とのタイアップで制作されたランダー。
趣味性の高い"ニンジャ"風フォルムでありながら、ランダーとしての性能がきわめて高い点で話題となった、「ガレー」社の出世作。
一見同じ外見でも、内部で使われているパーツが異なるなど、元の番組に合わせた様々なコダワリがあり、それがマニア的価値を高めている。
ただし、武装・シェルシステム等、全て同タイプの専用パーツのため、カスタマイズによる戦闘能力の向上に期待できない欠点がある。
ちなみに、本郷が所有しているのは"S型"と呼ばれている最上級エディション。

ROUNDER SPEC